食事療法で早漏を抑えよう!

早漏と栄養

早漏で悩んでいる、男性の皆さん。
早漏って、日々の食事を意識するだけで改善できるって知っていますか?
・早漏に大きく関係しているセロトニンを摂取する
・精力を高める食材と栄養素を摂る
・早漏を悪化させる食べ物や飲み物を避ける

そもそも早漏は、脳内のセロトニンが不足していることが原因です。
セロトニンが不足してしまうと、興奮が抑えられなくなりイキやすくなってしまいます。
早漏を改善するために、セロトニンを増やしてくれる食材を意識して摂りましょう。
また精力が下がってしまうと、勃起力を維持する力も弱くなりEDも併発してしいます。
刺激に弱くなってしまい早漏が悪化してしまうことがあるのです。
精力を高める栄養素を、普段から摂取するようにしましょう。

早漏を悪化させてしまう、食べ物や飲み物を避けることも大切です。

セロトニンを増やしてくれる食材とは?

セロトニンは、トリプトファン(必須アミノ酸)、炭水化物(ブドウ糖)、ビタミンB6が合わさって作られます。
早漏改善のために、これらを食事で摂取しましょう。

トリプトファン 炭水化物 ビタミンB6
・乳製品

牛乳、チーズ、ヨーグルトなど

・大豆製品

豆腐、納豆、味噌、醤油など

・魚卵

タラコ、スジコ、明太子など

・たまご

・バナナ

・ゴマ

・ナッツ類

・ご飯類

・パン

・麺類

パスタ、マカロニ、そばなど

・いも類

・干しぶどう

・柿

・魚類

イワシ、ミナミマグロ、サケ、カツオなど

・未精製穀物

玄米、胚芽パンなど

・豆類

大豆、レンズ豆、ヒヨコ豆など

・牛レバー

・にんにく、しょうが

・バナナ

精力を高める食材と栄養素ってなに?

精力を高めることで、勃起力を維持する力が強くなります。
勃起力の維持力が強くなると、イキにくくなると言われています。
セロトニンを増やす食材と共に、精力を高めてくれる食材を取りましょう。

【精力増加に効果的な食材と栄養素】

亜鉛

牡蠣やアサリ、牛肉の赤身や納豆などに多く含まれています。
人間の体に欠かせない栄養素で、ホルモンの合成や分泌、精子の形成にも関わっています。

セレン

鰹や鯖、鮪などの青魚、たらこなどに含まれる栄養素です。
精巣を発達させて男性ホルモンの分泌を促します。

マンガン

玄米や豆類、そば、納豆などの植物性の食品に含まれています。
マンガンの量が安定しないと精子の運動量や、数に異常をきたし男性不妊症の原因になる恐れがあります。

ビタミンE

鰻や鮭、南瓜、アーモンドなどに含まれる脂溶性ビタミン。
男性の精巣機能を高めて、精子の数を増やす働きがあります。

ビタミンB1

ハムや豚肉、大豆、鰻などに含まれるビタミン。
スタミナUPや疲労回復に高い効果を発揮します。

ビタミンB2

レバーや鰻、牛乳、卵などに含まれるビタミン。
スタミナ増強に高い効果を発揮します。
動脈硬化の防止にも繋がるので、EDの予防にも普段から摂取するようにしましょう。

ビタミンC

ブロッコリーやパプリカ、ピーマン、ジャガイモなどに含まれる栄養素。
高い抗酸化作用があり、美容にも効果があります。
男性機能にも大きく関わっている、鉄分や亜鉛の吸収を高めます。
亜鉛や鉄分とビタミンCは、一緒に摂取すると相乗効果が得られます。

アルニギン

鶏肉やクルミ、カシューナッツ、高野豆腐などに含まれる天然のアミノ酸です。
血液をよくする効果があり、EDの改善や予防にも役立ちます。
精子の運動率や、精子の数を増やす効果もあります。
早漏を悪化させる食べ物

早漏を悪化させる食べ物と飲み物

早漏を改善する食べ物を見てきましたが、もちろん早漏を悪化させる食べ物や飲み物もあります。
・睡眠を妨げるコーヒー
・甘い食べ物
・ファーストフード

早漏は、健康的な栄養バランスと質のいい睡眠が関係しているのです。

コーヒー

早漏を改善するためには、質のいい睡眠が大切です。
しかしコーヒーを飲み過ぎてしまうと、コーヒーに含まれるカフェインが質のいい睡眠を妨げてしまいます。
寝る前のコーヒーは、なるべく避けましょう。

甘い食べ物

甘いものも早漏を悪化させることがあります。
血糖値がアップダウンすることで自律神経に負担をかけてしまい、その影響で射精をコントロールできにくくなります。

ファーストフード

ファーストフードやコンビニ弁当は、早漏だけでなく健康にもいいものではないですよね。
化学調味料・防腐剤・着色料などが多く含まれています。
防腐剤は、精子の質に影響を与えると言われています。

また、元気な精子を作るためには栄養バランスも大切です。
栄養が偏った食事をやめて、バランスのとれた食事を心がけましょう。